休日を有効利用できる職種は

休日は、誰にとってもどこであっても大切なものです。充電したり、リセットして明日にそなえたり、休日があるから頑張れる、休日の充実のために仕事を頑張れるものです。

IT業界の休日は、忙しいので取りにくいのが現実と言います。

日々進歩がめまぐるしい業界ですので、周りに追い越されたくない、遅れたくないと感じている人が多くいます。

本当は、休日はメリハリが重要で、仕事にとっても自分にとっても必要なことと充分に判っているのですが、現実にはなかなか思うようにはなっていません。

とれた休日は、気がつけばスキルアップに余念がないのです。

就業規則上では、休日が多くても、実際に取得できる場合とそうでない未取得の場合がありますが、顧客のニーズに合わせるので、年中無休や土日祝日営業の小売業や建設業、不動産業では、休日の取得がどうしても少なくなっています。

IT業界のエンジニアの休日は多いのです。技術系の職種は多い方になっています。原因として考えられることは、業界全体でのシステム投資が抑えられているので、プロジェクトへのアサインを待機している人がいるからと考えられています。

ITの業種の休日は普通の企業よりも少ないイメージがあります

近年、ワークライフバランスの充実が叫ばれています。そのために重要なのが休日ですが、過ごし方を見てみると、全体的には買い物や家族・子供と過ごす、家でのんびり過ごす、スポーツを楽しむ、インターネット・ゲームをするとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です